ご予約はこちら
045-932-5151
2023年8月7日

整形外科

 整形疾患というと骨折が思い浮かぶと思いますが、その他にもワンちゃんネコちゃんで起こりやすい整形疾患があります。このページでは代表的な整形疾患に関してご紹介していきます。

 

 若いワンちゃんでよくみられる整形疾患として「膝蓋骨脱臼」「大腿骨頭壊死症」などが挙げられます。基本的には整形外科疾患は歩き方の観察や触診でどの部位を痛がったりしているかを特定し、X線検査等で病気を特定することが多いです。

 

 膝蓋骨脱臼は成長期に生じる膝関節の異常で、いわゆる膝のお皿の骨が脱臼することによって膝をうまく伸ばすことが出来なくなる疾患です。膝を曲げて3本足で歩いたりするのが特徴です。強い痛みは伴わないことが多いですが、そのままにしておくと徐々に骨が変形し、将来的に靭帯の断裂や関節炎を起こす可能性が高くなると言われています。根本的な治療は外科手術ですが、適応になるかどうかは臨床徴候と脱臼の程度によります。高齢になってから臨床徴候が出るこの場合は保存療法をすることが多いです。

 

 大腿骨頭壊死症(レッグペルテス)は犬種としてはトイ・プードルで多くみられ股関節を伸ばすと痛がったり、足を伸ばして浮かせたまま歩いたりするのが特徴です。痛みが持続するため手術が必要になる疾患です。壊死した大腿骨頭を切除して痛みを取り除く緩和的な手術が一般的です。手術後は一定期間リハビリが必要になることがありますが、日常生活は問題なく送れるようになることがほとんどです。

 

 ネコちゃんでも股関節に出てくる病気として「大腿骨頭すべり症」という疾患があります。大腿骨近位成長板の閉鎖遅延により、脆弱な部分が離開することで急性、もしくは慢性的な跛行を呈します。若齢なネコちゃんに多く、臨床徴候としては犬のレッグペルテスに似ています。治療は離開した部分をピンやワイヤーで固定する方法と、レッグペルテスと同様に骨頭を切除する方法があります。

左の大腿骨頭の成長板骨折
手術前
手術後(大腿骨頭切除)

 

 高齢のワンちゃんでは「前十字靭帯の断裂」が起きることがあります。膝の関節に付着する靭帯が断裂することにより急に片足を着けなくなり、跛行を呈します。小型犬で体重の軽い子は保存療法で回復することもありますが、一般的には手術が必要な疾患です。触診やX線検査で診断し、手術法として靭帯の代わりに糸をかけるラテラルスーチャーという術式と、脛骨の一部を切ってプレートで固定しなおすTPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)という術式が代表的です。大型犬などはTPLOの方が再発が少ない、術後の回復が早いと言われているため、こちらをお勧めしています。なお、TPLOの手術は当院では実施できないため、整形外科の専門病院をご紹介させていただいています。

 

手術前
手術の様子(ラテラルスーチャー)
手術後

 高齢になるとワンちゃん、ネコちゃん共に慢性的な関節炎や変形性関節症などが起こると言われています。この場合は人と同じように関節のサプリメント等を飲ませて緩和していくことと、痛みが強い場合は痛み止めを飲ませてあげることが治療のメインになっていきます。最近では月に1回の注射で

痛みを抑え、かつ副作用の少ない薬も出ていますので、高齢になって動きが鈍くなった、抱こうとすると痛がるなどの臨床徴候でお悩みの方は一度試してみるといいかもしれません。

 

膝蓋骨脱臼

・大腿骨頭壊死症(レッグペルテス)

・大腿骨頭すべり症

・前十字靭帯断裂

椎間板ヘルニア

・変形性関節症

その他の記事

  • 犬の椎間板ヘルニア

     椎間板ヘルニアは、犬において最も遭遇する頻度の高い神経疾患の一つです。椎間板は椎骨間(背骨と背骨の間)の緩衝材として存在しています。この椎間板が変性し、脊髄を圧迫すること…

    6か月前
  • 泌尿器科

     泌尿器とは泌尿器とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道などからなる器官の総称で、血液をろ過して尿を作り、体内の水分や塩分のバランスを調整する働きをします。  高齢になると腎臓…

    6か月前
  • 内視鏡で誤食した釣り針を摘出

    釣り針を食べてしまったとの事で来院した7カ月のワンちゃん。 X線検査を実施すると胃の中に釣り針が・・・。 釣り針のような尖ったものは…

    1年前
  • セカンドオピニオン

    セカンドオピニオンとは、現在受けている治療や診断に関して第二の意見を求めることを言います。 当院ではセカンドオピニオンで来られた患者さまに対してまず丁寧にお話を聞くこ…

    8か月前
  • 皮膚科

     皮膚疾患はワンちゃんや猫ちゃんが予防以外で動物病院を受診する理由としてTOP3に入り、当院でも皮膚疾患で受診される方が多くいらっしゃいます。「痒がっている」、「皮膚が赤く…

    7か月前
  • 循環器科

    循環器疾患とは血液を全身に循環させる臓器(心臓や血管など)が正常に働かなくなる疾患のことです。代表的な疾患としては、心臓病(弁膜症、心筋症)、高血圧、脳血管障害などがありま…

    7か月前
  • 犬の弁膜症:僧帽弁閉鎖不全症(MMVD)

    犬の弁膜症:僧帽弁閉鎖不全症(MMVD)   僧帽弁閉鎖不全症(以下 MMVD)は犬の心臓病の代表的な疾患です。犬の心臓の構造は人と類似しており、2心房2心室で…

    7か月前
  • 犬の避妊手術

     皆さんが飼われているペットさんは避妊手術・去勢手術はされましたか?今回は当院での避妊手術について紹介したいと思います。  当院での避妊手術は「子宮卵巣摘出術」を採用…

    7か月前
  • 気管支鏡を実施した猫の症例

     呼吸器疾患に対する検査にはX線検査やCT検査等の画像診断に加えて、血液検査(動脈血液ガス分析)や気管支鏡検査、肺生検(病理検査)などが挙げられます。消化管や肝臓などの他の…

    1年前
  • フィラリア予防

    毎年春になるとフィラリア予防という言葉を耳にすると思います。なんとなくわんちゃんに害がありそうだから、健康診断のついでにやっておこうかな?本当にフィラリアの検査って必要なの…

    7か月前