ご予約はこちら
045-932-5151
2019年11月24日

うっ血性心不全/心原性肺水腫(犬)

 

心源性肺水腫とは、僧帽弁閉鎖不全症や肥大型心筋症などの心臓病によって心臓内の血液の鬱滞が悪化する事により、肺に血液中の水が押し出され呼吸困難を生じる二次的な病態です。緊急の状態で来院されることが多いため、心臓や全身循環の評価を行い治療に入ります。当院では人医療でも使用されてるNohria-stevesonの分類に基づき、うっ血と全身循環の評価を行っております。

*僧帽弁閉鎖不全症へはこちらをクリック

*肥大型心筋症へはこちらをクリック

 

Nohriastevenson 分類

 

上記は人の慢性心不全のガイドラインに記載されている表になります。これに基づき Profileを決定し治療方針を決定します。

 

症例1(Profile C wet&cold の場合)

 
呼吸がおかしい、突然倒れることがある、咳が止まらないとの主訴で来院。

肺のエコー検査にて、B-lineを確認しました。酸素吸入下での血液検査、胸部レントゲン、心エコー図検査により心原性肺水腫と診断しました。

 

心不全の評価としてNohria-stevensionの分類を用い、Profile C (wet & cold)と判断し治療をスタートしました。Profile Cの病態では鬱血の初見と低灌流の初見が混在しているため、単純な利尿剤のみの治療ではかえって病態を悪化させてしまいます。そのためメインは心収縮力の増強+循環改善になります。その上で灌流量の改善が認められたら次に鬱血の管理として利尿剤や血管拡張薬の使用を検討していきます。

 

本症例ではアドレナリン作動薬(ドパミン、ドブタミン)とPDEⅢ阻害薬(ベトメディン)を使用し、循環動態の改善を図りその後血管拡張薬(ハンプ注)や利尿剤(フロセミド、スピロノラクトン)を使用して鬱血の治療を行いました。呼吸状態も徐々に改善していき咳も認められなくなりました。

 

 

 

治療負荷前 

肺野のB-line
左房の重度拡大(LA/Ao:3.38)
左室拡張末期流速(E/A:139/84)

 

治療負荷後

肺野はA-lineに改善
左房拡大 (LA/Ao:2.38)
左室拡張末期流速(E/A:119/77)


次の日には肺野の改善が認められ、心拡大および心機能にも改善が認められました。内服薬にもスムーズに移行することができたため、3日程で退院いたしました。

 

 

症例2(Profile B wet&warmの場合)

 

トリミングの後から呼吸が荒く吐いたとの主訴で来院。

胸部レントゲンにて肺野の間質パターンと心臓の拡大および少量の胸水貯留を認めました。こちらも酸素吸入下で血液検査、心エコー検査を行い、心原性肺水腫と診断しました。この症例は誤嚥性肺炎も併発していための併せて治療しました。

 

Nohria-stevensionの分類では、Profile B (wet & warm)と判断し治療をスタートしました。Profile Bでは低灌流の初見はなく鬱血の初見のみが認められます。そのため治療は心臓の鬱血をいかに改善するかに絞れます。

 

本症例では、PDEⅢ阻害剤(ベトメディン)と血管拡張薬(ハンプ注)、利尿剤(トラセミド、スピロノラクトン)を組み合わせて使用しました。

 

治療負荷前

肺野の間質パターンと軽度胸水
僧帽弁逆流と B-line
拘束パターンを呈したE波


治療負荷後


クリアになった肺野
心房の拡大の改善
拘束パターンから弛緩異常へ改善

症例2も治療反応は良好で速やかに肺水腫の改善と肺炎所見の改善が認められました。内服薬への移行もスムーズに行う事ができ、3日ほどで退院することが出来ました。

 

ご紹介した2症例はともに治療反応が良く退院までさほど時間はかかりませんでした。しかし、特にProfile Cの心不全は低還流に伴う腎障害を併発している事があり、その場合は退院までに時間がかかってしまったり、最悪の場合コントロール不良になりなくなってしまう場合があります。

 当院ではNohria-Stevensonの分類を使用することで飼い主様に現在のうっ血性心不全の状況を細かくお伝えすることができるようになっております。

その他の記事

  • 肺高血圧症

    今回の症例は『肺高血圧症(pulmonary hypertension: PH)』です。
    肺高血圧症は肺動脈圧の上昇を主として、様々な疾患から2次的に生じることの多い…

    4年前
  • 胆泥症・胆嚢粘液嚢腫

     胆嚢とは、肝臓で作られた胆汁の貯留を行う臓器で、方形葉と内側右葉に埋まるように位置しています。胆嚢から発生する疾患には胆石、胆泥、胆嚢粘液嚢腫および胆嚢炎などがあります。…

    2年前
  • 2023年度 春の健康診断 結果報告🌸

    こんにちは、しょう動物病院です。 今年もあっという間で、残すところ後2か月となりました。急に冷え込み体調を崩してしまう子が増えたように感じます。 例年通り、今年…

    7か月前
  • 泌尿器科

     泌尿器とは泌尿器とは、腎臓、尿管、膀胱、尿道などからなる器官の総称で、血液をろ過して尿を作り、体内の水分や塩分のバランスを調整する働きをします。  高齢になると腎臓…

    9か月前
  • 腫瘍科

     獣医療の発展に伴いペットの長寿化が進み、ペットの死因でも悪性腫瘍(ガン)が上位を占めるようになってきました。   犬の平均寿命 14.76 歳、猫の平…

    9か月前
  • 酸素中毒

     皆さんは「酸素中毒」というものをご存じでしょうか。スキューバダイビングなどで酸素ボンベを使ったことがある方は耳にされたことがあるかもしれませんが、実は酸素にも中毒…

    2年前
  • 肝生検

    健康診断で『肝臓の数値が高いですね』と言われたことや過去に『黄疸があり大変厳しい病気です』と動物病院で診断されたことはありませんか? 猫ちゃんの肝臓の病気は栄養性、感…

    4年前
  • 当院では【術前検査】をお勧めしています

    術前検査とは、手術の前に実施させていただく検査のことになります。術前検査と聞くと、体の中の異常を調べるスクリーニング検査のイメージが強いかと思われます。しかし、手術をするに…

    8か月前
  • 消化管穿孔

    消化管穿孔は外傷、異物、腫瘍など様々理由で生じます。今回は消化管の穿孔により細菌性腹膜炎を生じた猫を紹介いたします。 雑種猫 2歳9カ月 去勢雄 数日前から食欲…

    1年前
  • 猫の尿管結石の症例

    猫の尿管結石は比較的若齢でも発生する泌尿器系の疾患です。腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石が閉塞することで、腎臓で産生された尿が膀胱に流れず、腎臓に貯まってしまいます(水腎症)…

    2年前