ご予約はこちら
045-932-5151
2023年11月30日

角膜疾患(潰瘍性角膜炎)

角膜疾患とは、角膜、いわゆる黒目の部分に起こる疾患を指します。角膜疾患では「目を開けずらそう」「涙や目ヤニの量が多い」「まぶしそうにしている」という症状がよく見られます。

 

角膜疾患は炎症性と非炎症性に分類されますが、動物さんで特に多いのが炎症性疾患の中の潰瘍性角膜炎です。今回はこの潰瘍性角膜炎(角膜潰瘍)について詳しくお話します。

 

【角膜の構造と潰瘍の分類】

角膜は、表面側から

  ◇角膜上皮…5~7層の細胞で構成。ターンオーバーは約1週間。

  ◇角膜実質…コラーゲンが主体。

  ◇デスメ層

  ◇角膜内皮…1層の細胞で構成。角膜内皮細胞の数は加齢等により減少するが、再生はしない。

と大きく分かれており、どの深さまで潰瘍が達しているかによってグレード分類がされています。

          角膜の断面図

潰瘍のグレード分類

・グレード1「表層性」:角膜上皮の表層が微細に欠損

・グレード2「表層性」:角膜上皮層が欠損

・グレード3「深層性(実質性)」:角膜実質まで欠損

・グレード4「デスメ膜瘤」:デスメ層が露呈。眼圧によってデスメ膜が突出した状態をデスメ膜瘤と呼ぶ。

・グレード5「角膜突孔」:角膜内皮まで欠損

「トリミングの後に目が開かなくなった」「散歩で草むらに顔を突っ込んだ後から目をしばしばしている」といった主訴で来院され、グレードは1や2が多いです。

 

【潰瘍の原因】

潰瘍性角膜炎を起こす原因としては、

 ①角膜上皮の喪失が過度になっている

 ②角膜の保護・再生力が低下している

の2つがあり、それぞれの要因として、

 ①眼瞼内反、睫毛異常(特に異所性睫毛)、シャンプーやドライヤーの熱、物理的要因、アルカリ薬傷、

  ステロイドなどの薬剤や点眼液中の防腐剤 など

 ②ドライアイ、兎眼(短頭種にしばしばみられる)、顔面神経麻痺、糖尿病等の全身性疾患 など

が挙げられます。

先述の通り、角膜上皮のターンオーバーは約1週間であり、つまり単純な角膜潰瘍であれば1週間で治ることを意味しています。

1週間以上治らない角膜潰瘍は、基礎疾患として他の病気が隠れていると考えられ、全身のスクリーニングが必要になることがあります。

 

【検査と治療】

潰瘍性角膜炎が疑われる場合、フルオレセイン染色を実施します。フルオレセインは黄色い蛍光色の染色液で、潰瘍部分を染めてくれるものです。

フルオレセイン染色陽性の猫。
中央部分が潰瘍になっており、フルオレセインに染まっている。

フルオレセイン染色で潰瘍が確認されたら、治療開始です。

 ・抗生物質…二次感染予防

 ・ヒアルロン酸…角膜保護

潰瘍の深さにもよりますが、グレード1,2であれば上記の2つの点眼をしていただき、1週間後に完治していれば治療終了です。

 

【最後に】

目は、飼い主様と動物さんがコミュニケーションを取るための大切な器官です。

適切な治療を早期に行わないと視力を失ってしまうことにもなりかねません。少しでも変だと感じられたら、早めに病院に行かれることをお勧めします。

その他の記事

  • 腹腔鏡下避妊手術

    開腹手術では上からの視点のみで、傷口を大きく開かない限り腹腔内をよく観察することは難しいです。 胆嚢や肝臓 膀胱 …

    3週間前
  • 短頭種気道症候群

    短頭種気道症候群とは多くが先天性で、パグやフレンチブルドッグなど短頭種に生じる疾患の総称です。外鼻腔狭窄、軟口蓋過長症、気管低形成を先天的に生じ、持続的な気道抵抗の増加によ…

    8か月前
  • 循環器科

    循環器疾患とは血液を全身に循環させる臓器(心臓や血管など)が正常に働かなくなる疾患のことです。代表的な疾患としては、心臓病(弁膜症、心筋症)、高血圧、脳血管障害などがありま…

    12か月前
  • 肝生検

    健康診断で『肝臓の数値が高いですね』と言われたことや過去に『黄疸があり大変厳しい病気です』と動物病院で診断されたことはありませんか? 猫ちゃんの肝臓の病気は栄養性、感…

    4年前
  • 尿石症

    尿石症とは、尿路のいずれかの部位で、尿中の溶解性の低い晶質から結石形成に至り、これが停留し成長することによって尿路の炎症・頻尿・乏尿・閉塞などの徴候を引き起こす疾患です。そ…

    4年前
  • 2022年の健康診断のまとめ

    季節が過ぎるのは早いもので、あっという間に新年度を迎えました。 今年もワンちゃんのフィラリアの検査・予防が始まる時期になりました。 当院ではフィラリアの予防を始…

    1年前
  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    糖尿病性ケトアシドーシスとは内科エマージェンシーの1つであり、糖尿病が進行して発症します。発症メカニズムとしては、インスリン不足によりブドウ糖の細胞内への取り込みが減り、代…

    4年前
  • 総合診療科

    例えば、嘔吐や下痢が認められれば、何となく消化器が悪いのかな?と考えることができますし、咳をしていれば呼吸器かな?と予測することができます。しかし、「なんかいつもと様子が違…

    11か月前
  • 胆嚢破裂を起こした胆嚢粘液嚢腫の犬

    胆嚢粘液嚢腫は犬の代表的な緊急疾患の一つです。以前にも当院で胆嚢摘出術は数例行っておりますが、今回は胆嚢が合破裂し胆嚢内要物が腹腔内に播種した症例をご報告いたします。 …

    1年前
  • 肺高血圧症

    今回の症例は『肺高血圧症(pulmonary hypertension: PH)』です。
    肺高血圧症は肺動脈圧の上昇を主として、様々な疾患から2次的に生じることの多い…

    4年前