ご予約はこちら
045-932-5151
2022年11月26日

猫の盲腸腺癌

猫の体重減少には様々な原因があります。甲状腺機能亢進症や慢性腎不全、糖尿病や腫瘍などが代表的な疾患です。特に、このような病気は急激に体調に変化をもたらすわけではなく、ゆっくり進行するため飼い主様には分かりづらく気付いたときには手遅れになっていることもあります。

今回、は食欲の低下が認められず、体重減少と間欠的な下痢のみが認められた猫の盲腸腺癌の症例をご紹介します。

症例 14歳5か月 雑種猫 避妊雌 

食欲がある割には体重が減ってきているとの事。一時期4.0㎏あった体重は来院時には2.04kgまで減少していました。血液検査では軽度の貧血と高血糖以外には顕著な異常は認められませんでした。腹部エコー検査では結腸リンパ節の腫大と回盲結行部に5層構造の破壊された腫瘤性病変を認めました。(下図)

回盲結行部の腫瘤
結腸リンパ節腫大

エコーガイド下にて針生検を行い、リンパ腫などの独立円形細胞の腫瘍を除外した上で、外科的切除を行いました。開腹し、腫瘤を確認すると周囲の腸間膜と癒着しており、自壊も認められました。

腸間膜が癒着している腫瘤
自壊した腫瘍

近傍リンパ節も腫大が認められましたが、大きな動脈に接していたためすべて取りきることは不可能だったため、切除部位は腫大したリンパ節も切除範囲にできるだけ含まれるように決定し、可能な限り切除しました。切除後結腸と回腸を端々吻合したのち腹腔内を洗浄しアクティブドレーンを設置し、閉腹しました。

術後食欲の減退が良そうされたため食道婁チューブを設置して終了としました。

病理検査の結果は【盲腸腺癌】でした。幸い脈管浸潤、リンパ節の転移もなく完全切除と診断されましたが、消化管の腺癌は高確率に転移する可能性があるので今後の予後にも注意が必要と考えます。

とはいえこの手術に耐えてくれた猫さんは徐々にではありますが食欲も増加し体重も増えておりひとまずは回復傾向で過ごしてくれております。

 今回は消化管の腫瘍でしたが、特に高齢の猫さんは症状のわかりにくい病気がたくさんあります。最近体重が減ってきた、食欲が落ちてきた、歳かな?と感じたら一度健康診断のご相談をしてみてください。

その他の記事

  • 内視鏡で誤食した釣り針を摘出

    釣り針を食べてしまったとの事で来院した7カ月のワンちゃん。 X線検査を実施すると胃の中に釣り針が・・・。 釣り針のような尖ったものは…

    4か月前
  • 尿石症

    尿石症とは、尿路のいずれかの部位で、尿中の溶解性の低い晶質から結石形成に至り、これが停留し成長することによって尿路の炎症・頻尿・乏尿・閉塞などの徴候を引き起こす疾患です。そ…

    3年前
  • 腎瘻チューブの設置により尿管が疎通した腎盂腎炎の症例

    腎孟腎炎は腎孟および腎実質の炎症で,原因としてもっともよくみられるのは細菌感染です。 今回は腎盂腎炎に伴い尿管閉塞を起こした猫に対して、経皮的に腎瘻チューブを設置し、…

    4か月前
  • 副腎腫瘍

    副腎腫瘍にはいくつか分類があり、その由来として副腎皮質由来か副腎髄質由来かで分けられ、ホルモンを実際に産生・分泌するかどうかで機能性のものと非機能性のものに分けられます。副…

    3年前
  • 猫の尿管結石の症例

    猫の尿管結石は比較的若齢でも発生する泌尿器系の疾患です。腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石が閉塞することで、腎臓で産生された尿が膀胱に流れず、腎臓に貯まってしまいます(水腎症)…

    5か月前
  • 内視鏡 異物除去

    内視鏡症例をご紹介いたします。 果物の種を飲み込んでしまったワンちゃんで内視鏡によって摘出を行いました。 異物、誤食の中で桃の種など果物の種は高確率に腸…

    2年前
  • 糖尿病性ケトアシドーシス

    糖尿病性ケトアシドーシスとは内科エマージェンシーの1つであり、糖尿病が進行して発症します。発症メカニズムとしては、インスリン不足によりブドウ糖の細胞内への取り込みが減り、代…

    3年前
  • 尿石症

    尿石症とは、尿路のいずれかの部位で、尿中の溶解性の低い晶質から結石形成に至り、これが停留し成長することによって尿路の炎症・頻尿・乏尿・閉塞などの徴候を引き起こす疾患です。そ…

    3年前
  • 炎症性腸疾患<IBD>、慢性腸症

    炎症性腸疾患<inflammation Bowel disease:IBD>
    慢性腸症<chronic entropathy:CE> 小腸または大腸の粘膜固有層…

    3年前
  • 肥満細胞腫

    肥満細胞腫は、犬の皮膚腫瘍のうち20%前後を占めるため、犬の腫瘍では遭遇することの多い疾患にあたります。主にしこりの付近のリンパ節、続いて肝臓、脾臓へ転移することも多いため…

    4か月前